しづ心なくインターネット

おポエム申し上げます

1908台湾フランスイタリア(8/10 モンサンミッシェル→パリ)

f:id:sueshee:20200126222805j:plain
[おさかな天国]
私は午前中ひたすら寝たおしていたのですが、母親はその間にマルシェまで行っていて、起きたら大量のムール貝ワイン蒸しがテーブルの上にあった。
起きぬけムール貝面白いな。身がフワフワプリプリで最高でした。

f:id:sueshee:20200126222612j:plain
[秘密クラブ感]
エルメスの路面店に入ってみました。
入り口はコンパクトなんですが、奥に入ると4階分くらい吹き抜けの建物で空間が広々取られていて、エレガントだった。乗馬鞭が300ユーロからあって、意外とお求めやすいお値段。でも使いどころがないんだ。と思えばぬいぐるみの馬が5000ユーロとかで高低差にクラクラする。

ボンマルシェを再訪。前日は閉店時間間際でグルメフロアしか見られなかったので。オリジナルプリントのグッズを買うべきか悩んだり、ハイブランドのフロアを見て周ったり。オペラのデパートではショップ入店に20分くらい待ったりするので、その点もボンマルシェ愛です。
ブランドショップを冷やかしている最中、絶対ファッション関係だよなあという感じの、ジャージ姿ながらファッショナブルな男性が現れて、一般人にはちょっとないゴージャスなアクションで店員さんと会話していて面白かった。数分前に、絶対買う人いないでしょって悪口言ってた、巨大なブランドロゴのついたバッグを試着してて、いたわ~普通にいるんだわ~と思いました。
母親が壁のディスプレイを隙あらば触ろうとするので、「ダメ!!」ってたびたび制止したの、役割が逆転してきた感がある。

f:id:sueshee:20200126223148j:plain
[文化~]
ここからは母親と別れて粛々とお買いものをこなします。
パトリックロジェでチョコレート。微妙な気温だったので持ち運んでもいけるかと思いましたが、バッグで私の体温の伝わる位置にいってしまったらしく、ホテルに戻ったら融けていた。融けてもおいしかったですよ! 以前パリでドミトリーに泊まったとき、同じ部屋のショコラティエ志望の人におすすめを聞いたら挙がったお店で、チョコにこだわりがないため毎回詣でている。
マレ地区へ行く前にパレロワイヤルに寄ったら、広場で弦楽器グループ指揮者つきが演奏をしていて、小さい子が曲に合わせて踊っていて文化~って思った。 

f:id:sueshee:20200126230008j:plain
[チョコレートで有名なお店でチョコレートを買わない逆張り]
ジャックジュナンでパートドフリュイを買ったらかっこいい缶に入れてくれた。ジェラートを食べて休憩。
今回一番行きたかったのが、ETAT LIBRE D'ORANGE、香水のお店。nose shopで嗅いでいい感じだったので。ただ、この時のレートだと香水は、フランスのほうが2000円程度安いくらい。175ユーロで免税なので、大体免税にもならず、それくらいなら日本で買ってもいいかなと思いました。
日本では4千円台だったトライアルキットが2千円だったので、それを買う。1万円と1万2千円はあまり変わらない気がするんですが、2千円と4千円は大差ある気がしませんか? 私だけですか? バカの算数。

行ってみたかったレストランに予約を入れ忘れていて、電話もうまくかからなかったので直接伺ってみたのですが、予約枠がいっぱいで残念だった。次回来る理由ができたということで。

ホテルに戻って、マルシェで買ったスカンピでパスタと、ズッキーニのチーズ焼き、シュークルートの残りに桃モッツァレラとマーシュとマッシュルームのサラダを晩ごはんとする。自炊最高。大ごちそう。