しづ心なくインターネット

おポエム申し上げます

1908台湾フランスイタリア(8/8 モンサンミッシェル)

7時台の電車でモンサンミッシェルに移動。
日帰りのバスツアーと悩んだんですが、夕暮れ&朝焼けを見たかったので自己手配にしました。電車で、交通費だけだとひとり大体60ユーロくらい。
途中の駅で電車からバスに乗り換えて向かうんですが、とうもろこし畑の奥にふとモンサンミッシェルが見えるのがよかった。

f:id:sueshee:20191201131617j:plain
[強そう]
11時前ごろに着く。馬がいる。無料のシャトルバスのほか、馬車でも島まで行けます。ホテルに荷物を置いて、私たちも島まで向かう。

f:id:sueshee:20191201131705j:plain
[バグったゲームっぽい]
干潟に鳥居が建っていて、頭がハテナになる。宮島感……って言っていたら、宮島と姉妹都市だとか。宮島とモンサンミッシェルの写真を並べたポスターが貼ってありました。

f:id:sueshee:20191201130931j:plain
[ほたてのステンドグラス激アツ]
修道院までの道がやや険しい。時差ぼけと風邪が頂点に達して途中で休憩しながら登った。母親は昔スポーツをしていた分、私より体力があるため、私のペースに付き合ってもらうことに。
修道院を見て回りながら半分寝ていたと思う。なのであまり記憶がないのですが、海を見ながら伊勢湾っぽいと思ったことは覚えている。淡いパールブルーで、大昔家族で伊勢に行った時の海の色と似ていたのでした。

f:id:sueshee:20191201131142j:plain
[焼きトマト好き]
ふわふわのオムレツは日本でも食べられるからパス。こちらもノルマンディー地方名物のガレットが早めの夕飯。
La Sireneというお店で、店員さんみんなチャキチャキしていてチャーミングで気持ちいい。
サーディンがメインのガレットにしたんですが、酢がきいていてさっぱりした味つけで箸(フォーク?)が進みました。

しばらく夕寝をして、パリで買ったアプリコットをかじりながら日暮れのモンサンミッシェルを見に行く。
21時半に日の入りって変な感じだなあ。

f:id:sueshee:20191201131301j:plain
[1日中こんな感じ]
島までの1キロくらいを散歩する。曇りのせいか、こういうものなのか、夕暮れ感はない。
どこに日が沈んでいるのかわからないまま、じんわり暗くなっていくモンサンミッシェル、風情がありました。いや、夕焼け見たかったけど……

1908台湾フランスイタリア(8/7 パリ)

f:id:sueshee:20191109231040j:plain
[名前を覚えられないdog]
パリに戻ってきて荷物を引き取り、ホテルへ移動。
翌朝また電車移動なので、駅近くでインテリアがかわいいという理由で決めたんですが、モジャ犬がいて最高だった。名前は発音が難しくて覚えられず。
愛想を振りまくタイプの犬ではなかったんですが、人慣れしていて撫でOKだったのでしばらく撫でさせてもらう。毛が絡まりあい、謎の湿り気があり、外に出かけて戻ってきたら枯葉をつけていたり、モサモサでチャーミングな犬でした。

f:id:sueshee:20191109231353j:plain
[異国感in異国]
前日からパリに来ていた母親と合流して、お昼ごはんはモロッコ料理を食べにグランド・モスケ・ド・パリへ。白い壁に緑の屋根のモスクが青空に映える。そしてレストランは木がモサモサ繁った庭にあるのでした。最高だな。
数年前にモロッコへ行って以来、ずっとタジンが食べたかったので嬉しい。レモンと鶏肉のタジン、ハリラスープにシャクシューカをオーダーしました。
ハリラはなんとも説明しがたい……メリハリなくボワ~っとした風味でとろみがあって、トマトベースと言われればそうなんだけど、ほのかにレンズ豆のニュアンスを感じる謎めいた味つけなんですが、レモンを絞って飲んでいるうちに止まらなくなっていく不思議なスープ。
シャクシューカ、私はベルベルオムレツって教えられたんですけど、オムレツではないよな。どちらかというと目玉焼きです。目玉焼きオントマトソースオリーブ添え。
ふたりともお腹が空きすぎていて無言のまま、タジンのスープをピタパンとクスクスに限界まで吸わせて完食。ヨーロッパで食べる野菜は味にパンチがあり、おいしい。

f:id:sueshee:20191109231336j:plain
[テーブルかわいすぎ]
ミントティー飲んでたら突如バッタが現れて怖かった。ヒャーヒャー言ってたら隣の席の家族連れの強そうなパパがつまんで放逐してくれて、平穏が戻りました。屋外だからね〜

f:id:sueshee:20191109231444j:plain
[この船を漕いでゆけ]
食後はパリ郊外のルイヴィトン財団美術館に行く。
ガラスの大きい船みたいな作りで、有事の際は飛びそう。建築自体を好きになってしまって、ずっといたかった。

f:id:sueshee:20191109232402j:plain
 [チル度高杉晋作]
中庭はコンクリート敷きで、階段状の滝が流れて広い池になっている。不思議と包容力を感じる建物でした。無機物と結婚することになったらこの美術館にプロポーズしようかな。

f:id:sueshee:20191109231022j:plain
[クッチャクチャのスケッチ]
設計から完成までの流れの解説コーナーがあったんですが、クッチャクチャのスケッチから始まっていておもしろかった。
屋上庭園で風に吹かれながらしばし呆然とする。空がとことん青くて広くて、芝生はつやつやのグリーンで、風が乾いていて、ヨーロッパの夏のいいところ全部盛りみたいな時間で最高。

f:id:sueshee:20191109231227j:plain
[これ家にあったら嬉しい]
母親は別行動だったんですが、公園のバラ園を見に行ったり楽しんだようです。よかったな。

駅前のスーパーと、ホテル近くのアジアンショップで夕飯の買いものをしてホテルで食べる。
20セントのショッピングバッグをケチって買わずに自分のバッグへ入れたら、シールが甘かったオイル漬けの液が漏れてびたびたになってとても萎えた。でもおいしいオイル漬けだった。

f:id:sueshee:20191109230941j:plain
[ヤオウフ(鼻から息を抜く)]
海外のヨーグルトは味が濃いものが多くて好きで、フルーツヨーグルトをよく買うんですが、このメーカーのもの、おいしかったです! フレーバーもいろいろで、コレクター的喜びがある。

9時半頃まで明るいので、時計見るたびもうこんな時間!? ってなって感覚が狂う。次の日は早朝移動なので、バッグの油染みを取りつつ早めに就寝です。

1908台湾フランスイタリア(8/6 ベネチア→フィレンツェ→ミラノ)

フランスイタリア間の夜行電車の最下段のベッド、シート部分が壁に向かって斜めになっていて、目が覚めるたびに壁の隙間にはまりこんでいてウケる。
寝て起きて……を繰り返したら冷房のせいで微妙に風邪を引いていた。
同室の人はミラノで下りたのか、目が覚めたらもういなくて、身支度しながら朝ごはんを食べる。前日に食べきれなかったパンオレザン、これも手のひらに収まるミニマムさで、フルサイズだと甘いのでちょうどいいくらい。
そういえば食堂車に行かなかった。もったいない。

f:id:sueshee:20191107222837j:plain
[ゴンドリエの制服はボーダーシャツがかわいい]
海の上を渡ってヴェネチアに到着! イタリア、駅トイレが有料。
水上ボート券は買わず、歩いて散策する。

前回行ったレストラン、開店時間にお邪魔したらキッチンが12時からだから料理はまだ出せないよと言われて、一旦お店を出る。
google mapの開店時間には11時って書いてあるんだけど、それはバー部分だけのよう。そういえば前も同じことを聞いた気がする!
次の電車、1時と2時で迷って2時にしたんだけど、大セーフだった……ここのごはんを食べるためにヴェネツィアまで来たんだよ!
旅行記は詳細に書いておきましょう(自省)。

1時間散歩して待つものの、暑くてじわじわ体力が削られていく。
というわけでこの旅行初ジェラートで涼を取ります。susoというジェラート屋さんでレモンとマンゴーのダブル。レモンおいしかったな~。
レストランへ戻ってきて、スカンピのトマトパスタと野菜の前菜盛り合わせを頼みました。体調がよかったらもっといけたはず。フリットとか食べたかった。
ゴンドリエの人がお昼を食べに来ていた。地元感。写真撮ってもらえばよかった。

f:id:sueshee:20191107222712j:plain
[2ユーロお手軽旅情]
食後のジェラートタイムはピスタチオと桃。桃、果物そのもので~~~すという味だった。
渡しゴンドラは2ユーロ。飾りは一切ついてない実直な感じのゴンドラで、運河を5分程度横断するだけなんですが、それでも充分楽しいです。
乗り合わせたおじさんが一緒に写真を撮るぞ!! って撮ってくれたので、ピン写真もお願いしたんですが、逆光とむくみと元素材のあわせ技で絶句するほどブスだった。封印。

若干迷ったので早歩きしつつ駅に戻って、次はフィレンツェ
一日でヴェネチアフィレンツェ→ミラノを回るストロングプランを組んでしまったのです。街の間の移動時間が2時間程度で、それぞれ交通費4000円くらいなのでできた力技。
電車内で昼寝。

フィレンツェは4時ごろ到着から3時間程度の駆け足自由時間。
日が傾いてくると、街全体がハニーゴールドになるのが好き。

サンタマリアノヴェッラ薬局でワックスタブレットイルビゾンテで首かけのカードホルダーを買う。
そしてスーパーでお買いもの。ローズウォーターが2ユーロ、ドライポルチーニも買ってご満悦。
フィレンツェ発祥のMARVISの歯磨き粉は、ギャラリーラファイエットでチェックしたとき大サイズ8ユーロだったのが、フィレンツェでは小サイズ1ユーロ。YES!
ちなみにパリでMARVISを手に入れるのであれば、激安ドラッグストアのCitypharmaがおすすめです。小サイズ2ユーロ、大サイズもベーシックなフレーバーなら5ユーロ台でした。

ジェラートチャレンジフィレンツェ編。本命のお店Vivoliに向かう途中、前回フィレンツェに行ったときの記録に書いたジェラート屋はここだったかも? というお店があったので買ったけどたぶん違うな。
Vivoliは本当に混んでいた。大混雑の中、うまく人波を縫って店員さんにアピール。
それだけあっておいしかったですね。

中央市場で何か食べようかなと思ったのですが、暑さMAXでもはや食べる元気もなくなってしまった。駅中のVentiでプラムといちごのジェラートを啜りつつ電車待ち。

f:id:sueshee:20191107222658j:plain
[ナイスファイト]
ジェラートチャレンジは5個で完。
どれもおいしく甲乙つけがたいのですが、好みで言うとsusoとVivoliがW受賞です。
ピスタチオ・キャラメル・チョコ部門だとまた変わってくるんでしょうけど、私はフルーツ専門です。今度はもっと本腰を入れてジェラート屋めぐりをしたいですね。

そして案の定電車が遅れる。余裕を見たスケジュールにしておいて本当によかった……
ミラノ駅は駅周辺の治安があまりよくないとのことだったので、駅中のベンチで待ち、しっとりと汗をかく。22時以降お店も閉まっていて、かなり無だった。
ようやく乗れたパリ行きはパリ発と違って、コンパートメントがほぼ全部埋まっていたし、コンパートメント内で結構な深夜まで通話している人がいて強い。ヨーロピアンパワースタイル。

あっつくてどんどん体力ゲージが減っていき、写真もほぼ撮っておらずのイタリアでした。詰め込みはよくない。

1908台湾フランスイタリア(8/5 パリ)

f:id:sueshee:20191029222208j:plain
[エバー航空、食器がかわいかった~]
朝ごはんのオムレツがフクフクでおいしかった。パリ到着。
ATMでお金を下ろしたり荷物詰め替えたりしたら2時間くらい経っていた。最近は両替じゃなくて海外キャッシングにしています。
空港駅で1週間用の乗り放題交通チケットを買う。27ユーロくらい。1週間=購入日から7日間ではなく、その週の月曜日から日曜日までというルールなの、フランスっぽ~い。知らんけど。
乗り放題チケットはオペラ発着の空港バスでも使えて(モンパルナス発着は×)、バスが片道12ユーロなので、週内で空港往復できるならとてもお得です。

JCBプラザラウンジでは、JCBカードを持っていると荷物を預かってもらえるのでとても助かりました。
道中でカップルがすごいチューしてて、街中ですごいチューしよる……と思った。
スーツケースを置かせてもらって、絶対フォーが食べたくてPho14に行く。海外で食べるフォーは謎においしい。

f:id:sueshee:20191029222258j:plain
[生肉は最高]
20分くらい並んで、半生の牛肉のフォーを食べた。スープのうまみがすごい。
日本では食べようと思わないのに、フォーになると絶対入れたいもの、生もやし。ミントも爆入れスタイル。
チップを置くのを忘れかけて、急いで出すと、無表情だった店員さんが初めてにっこりしてくれる。
チップ、ヨーロッパとアメリカでルールが違いすぎてわけがわからなくなる。払うのはやぶさかでないので最初から会計に含めておいてくれ~。

f:id:sueshee:20191029222513j:plain
[スーパーの超おしゃれなイートインスペース]
2大デパートのプランタンとギャラリーラファイエットをぶらぶらとしてから、スーツケースを引き取り、また預けにいきます。
この日はパリに泊まらずThelloという夜行列車でイタリアに行く予定で、しかし次の夜にはまた夜行に乗るので、手持ちを小さいボストンだけにして身軽に。nannybagというサービスで2泊預けて12ユーロ。海外、コインロッカーがあまりなかったり、あっても割高だったりするので、預かりサービスが発達しているのがありがたいです。
本当はイギリスに行く予定だったんだけど、飛行機の予約をモタモタしていたら値段が倍になったゆえの行き先変更。
夜行電車もギリギリにチケットを取ったのですが、それでも往復200ユーロ切っていたのでよしとしました。

f:id:sueshee:20191029222430j:plain
[ままごと感]
スーパーとエリックカイザーで調達した夕飯。
夏のスペイン旅行時に血と入れ替わる勢いで飲んだガスパチョ、今回の旅行でもたびたび飲みました。
苦手なんですがガスパチョでは存在感出しておいてほしい野菜、きゅうり。でも海外の巨大きゅうりでないとあの味にはならないと思われる。
孫悟空に出てくる桃であるところのフラットピーチは夏だけの楽しみです。食べやすいサイズでひとつ40セントくらい。皮むいたほうがいいだろうけど、別にそのままでも。味がぎゅっと濃くて、果肉が密なので齧って食べられるのがお手軽。
野菜・果物の量り売り制度、日本でも始まらないものか。

私ともうひとりの女性でコンパートメント独占で、圧迫感もなくてよかった。
眠くて9時ごろ気絶して、夜中にトイレに行きたくて起きたんですが、寝ている間にかけていてくれたインロックの開け方がわからなくて尊厳の危機でした。わりとギリギリで開けて、早歩きでトイレへ行った。尊厳を失わずに済んでよかった。国際問題やぞ。

1908台湾フランスイタリア(8/3・8/4 台北)

【8/3】
日中は旅行用の買いものをして、22時すぎの便で台北へ出発。1時間遅れて無。

f:id:sueshee:20191027204552j:plain
[ゾンビとか出そう]
関空はゲートまでシャトルで移動するのですが、シャトルを使わない通路を発見して潜入してみたら誰もいなくて異世界感強かった。
機内ではひたすら寝ていました。座った瞬間入眠。到着タイミングで起きる。

台北駅の地下道は深夜入れなくなり、駅前の大きい道を横断しづらい。横断歩道の数が少ないので。
大回りしなくていいように、横断歩道の近く(三越のあたりにあります)のホステルの中から決めたのがCavemen Hostel
レイトチェックインは連絡してくださいという案内があったので、私はあなたのホステルに泊まる予定で~飛行機が深夜着で~問題がなければ~みたいな長々したメッセージを送ったら、「ok」だけ返ってきて最高だった。ピリオドすらない。
メッセージのシンプルさとは反対に、フロントのスタッフさんは夜中なのににこにこしていて、丁寧に案内をしてくれた。
隅々まで綺麗! とは言えなかったですが、夜を越すだけならまあ、という感じ。

【8/4】
荷物は台北駅のロッカーに投入して、深夜のフライトまで街歩き。
ロッカー、空港MRTの近くにあるんですが、1時間30元だったかな? 割高なので、長時間ならMRT近く以外のロッカーに預けるほうがいいと思います。3時間30元でした。

そして朝ごはん。何度か行っている鉄板焼きサンドイッチのお店、扶旺號でのお目当ては餅入りのサンドイッチ。毎回タイミングを逃していて食べられずだったので。
注文したら、今はモーニングタイムだから甘い系のサンドイッチができるのはあと30分後、というようなことを言われた気がするのですが(ホームページで注文可能時間まで調べたのになぜ……)、代わりをどれにするか悩んでいたら注文オッケーにしてくれた。台湾の人優しい。LOVE。

f:id:sueshee:20191027205442j:plain
[のびーる]
周辺を散歩して待つこと10分ほど、餅とピーナッツクリームのサンドイッチはクリームがクランチタイプでザクザク感あっておいしかったです。

f:id:sueshee:20191027205617j:plain
[風で揺れるの見ながらぼーっとした]
お昼行くお店は決めていたんですが、オープンまで時間があったので誠品書店敦南店に行く。
紙を数字型に切り抜いてつるしてあるオブジェをインスタで見て、きれいだな~と思って。きれいでした。
台湾の本の装丁好きだな。お客さんは床や階段に座って本読んでいてとても自由。

ランチは時寓。というお店で牛肉麺を頂きます。f:id:sueshee:20191027205846j:plain
[ガラスのストロー、いいですね]
古い住宅を改装した店内は人のおうちの気配があってリラックスムード。手作りの果実酒やクラシックな家具、掛け時計がディスプレイされていて、おばあちゃんちみたいな感じです。暑い中歩いて入店したのもあって、しっとり暗めで落ち着く雰囲気。
休日セットは麺+日替わりドリンクで300NTD。平日は一品おかずがつくセットも選べるよう。
店員さん? 店長さん? が日本語ペラペラで、メニューを日本語で説明してくれてありがたい。

f:id:sueshee:20191027211735j:plain
[肉がとろとろ]
プレーンな牛肉麺にしました。ドリンクはドラゴンフルーツはちみつレモネード、激しいカラーリングですがドラゴンフルーツは味に主張がないので、ベーシックなレモネードの爽やかな風味。
スパイスの風味が弱めの牛肉麺で、八角苦手でも口に合いやすいと思います。次はトマト牛肉麺を注文したい。

時寓。を出た足で果果へ。フルーツを使ったメニューが豊富なカフェです。
アメリカンチェリーのプリンを注文。メニューには載っていなかったのでインスタの写真を見せたら出せるよ~とのことでよかった。

f:id:sueshee:20191027210944j:plain
[どこから撮っても映え]
味もよいながら、内装からデザートからとにかくフォトジェニック。日本だと、写真とかええのんで……ってスカしがちなんですけど、台北というかアジア圏では結構皆さん年齢問わず写真撮ってるんで、では私も僭越ながら……って撮影タイムを設けてしまう。流されやすいタイプです。

混んできたのでお店を出て、寧夏夜市の近くにある按摩のお店で施術を受ける。相変わらず痛いけど安い。首肩30分200元。

f:id:sueshee:20191027211628j:plain
[パクチーどか盛りでお願いします]
夜市で麺線。前回どうしても見つけられなくて、閉店を疑ったのですがちゃんと存在していました! 里長伯の麺線は、とろみとかつおの風味が他のお店より強い気がする。もつと牡蠣が両方入っていてお得です。臭豆腐扱っている店なので、臭いにエンッてなるんですけど、エンッてなったあとまた嗅ぎたくなるの、あれはなんなんだろう。
蛙マークのお店で買った愛玉檸檬片手に、隻連駅近くのローカルな美容室でシャンプーしてもらう。空港移動前にさっぱりした。200元なので相場より100元程度安くておすすめです。昔の記事見直したら50元値上がりしているな。
手技は荒いが謎にサラサラになる。若めのスタッフさんじゃないと英語通じないかも。

f:id:sueshee:20191027212315j:plain
[夏って感じ]
夕焼けがきれいで夢っぽくてハッピーだった。

空港では無料シャワールームを使ってみる。
私は汗を流したくらいなのですが、清掃まめに入っているみたいだし、ドライヤーもあるし、着替えエリア広めだしで使いやすかった。タオルはありません。とっても清潔! という感じではないのでビーサン必携。
深夜発の飛行機でパリへ。おいしいと噂の機内食を食べ逃し、またひたすら寝ていた。
旅行前に転勤引継ぎと引越しを入れるのは明らかに無茶です。転勤引継ぎと引越し直後に旅行の日程を組むのは馬鹿だとも言う。