読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しづ心なくインターネット

おポエム申し上げます

1610北海道(10/16 札幌、苫小牧)

清掃しますの声で5時ごろ飛び起きる。ベッドエリアが空いていたのでしばらく気絶。

 

二度寝から起きて、二条市場近くの海鮮丼屋さんで朝ごはん。
最近胃弱なのでうに丼と海鮮丼両方食べることはできなさそうで、決めきれず悩んでたら、かわいそうだったのか店長さんがかに汁をサービスしてくれた。
「違うんです、そこまでは貧乏じゃないんです……貧乏ですけど……」と言いながらありがたく頂く。
うに丼うに丼用のうにが敷き詰めてある上にふつうの海鮮丼で使っているうにが少しだけついてきて、食べ比べができる。
ふつうのうにも充分おいしかったけど、うに丼用のうには明らかに色が違って、明るい山吹色をしている。そして甘い! 味が段違いにはっきりしていて舌が震えた。食べているうちに、岩盤浴代謝がよくなっているせいか汗が大量に出て、フードファイトの様相になる。
昨日の貧困な語彙問題が尾を引いていたので「北海道の秋の大地みたいだね」と褒めてみたけど、ダムさんは写真を撮っていて返事をしてくれなかった。

f:id:sueshee:20170225125944j:plain

[北海道の秋の大地]

お米がぎっしりだったのでかなりお腹がいっぱいになってしまい、よろめきながら大通公園に行く。
じゃがバターが食べたかったけど、とうきびワゴンは一週間前に終わっていた……ショック。
近くのミスドに入って、次に行きたいところの話をする。
行きたいところ別にない、札幌ってなにがあるのと聞いてダムさんを困惑させる。
北海道神宮に行って、「同人誌がいっぱい売れますように、2倍の部数が出ますように」という私欲に満ちた願掛けをしながらおみくじを引く。
七五三シーズンなので着物の子どもがたくさんいた。

f:id:sueshee:20170225130115j:plain

六花亭札幌本店に移動して、おみやげを買って、喫茶室で休憩。
いちごジュース、家で作ったいちごジャムを上品にしたみたいな味がする。
六花亭の生ケーキとか生菓子、ちょっと尋常じゃないほど安いので本当に道民がうらやましい。

 

ダムさんの怖い話を聞きながら苫小牧へ。パリーグ終戦で、札幌ドーム近くまでが少し混んでいた。
雪虫が飛んでいて、今年初とのこと。車のフロントガラスがもわもわになっていた。
道中ウトナイ湖で白鳥を見たりしながら、2時間ドライブ。私とダムさんの聞く曲のジャンルが違いすぎて、「あっこれが前前前世?」「曲も歌手も違うよ」というイントロドンを繰り返す。

 

苫小牧、イオンしかないよと言われたけど自カプの攻の出身地なので……イオンのほかにフェリーターミナルとメガドンキもありました。
大きい製紙工場があって、私は特になにも思わなかったけど、ダムさんはくさい、工場のにおいって言ってた。
ここが攻を小学3年から中3まで育んだ土地……と思い、受との出会いなどすべてに感謝した。

新千歳空港まで送ってもらったら手荷物検査が信じられないくらい混んでいた。コミケ三日目の壁ぐらい(適当)
愛してやまないいも子とこぶ太郎だけ買って、ジェラートを食べて早めに並ぶ。
ここでダムさんとお別れ。サンキューダッム。
手荷物検査を抜けたところで売店に寄ったらじゃがバターが売っていて急いで買った。これで北海道訪問の目標達成。
出発は30分くらい遅延した。

 

計画から実行まで人生最短の旅行でしたが、ダムさんが全部運転してくれてお店も探してくれて、充実した旅程でとても楽しかったです。食べつけないよいものばかり頂いたせいで翌日胃が腫れました。
読んでいただいてありがとうございました。