しづ心なくインターネット

おポエム申し上げます

ALTAR BOYZ 2017 Team Gold観劇メモ/キャスト編(千秋楽後)

東京千秋楽おめでとうございます。
駆け抜けるような、それでいて浮ついた2月前半でした。飛行機のマイルが常になく貯まり、X年ぶりに夜行バスに乗ったけどマチソワ2.5DAYS with パイプ椅子よりましだった。

私の魂の浄化はひとまず今週末の大阪Legacyで終わります。
全体への感想はそのあと投稿するとして、Goldのキャストさんについて書き残しておきます。わけておかないとすごく長くなりそうだから……

---

常川アブラハム
笑顔が晴れやか! だからこそ悲しいシーンの笑顔はいい意味で違和感があって、目を吸い寄せられるようでした。
技術力の高さ、それも地道にトレーニングをして色や癖を塗りつぶしたような、清潔な完成度の技術をお持ちだなあと思います。静止したときのポーズとしての美しさは随一! 動きが流れてなくてひとつひとつタメとキメがあるから、どのシーンで切り取ってもきれいなんだろうなあ。
アドリブも、しゃべりや演技で挟むのじゃなくて、歌のフェイクとかダンスで日々変化をつけていて硬派。彼の周りだけ重力働いてないのでは? というほどジャンプが高い。


アフトクで第四の壁の話したら天然さんエピソードのひとつとして巻かれてしまった話をツイッターで拝見して、なんて控えめで可憐なんだ……と思った。学問として演技とか舞台芸術の歴史を勉強している俳優さん、しかも若く顔がきれいというくくり、なかなかない強みになるのではないでしょうか。
これから自分のカラーをどう主張していかれるのか、楽しみにしたい役者さんだなと思いました。きれい系じゃない役柄、悪い男とか汚いビジュアルで見てみたい。
トークパートで何度も「お前の言葉には心がねえ」って言われてて、ミュージカルサイボーグだ! って沸いた。


石川ルーク
真顔のお写真が多いので、ぱーっと笑うと頭の中が「超かわいい」「ぎゃんかわ」で占められてしまう。参りました。
舞台を見るとき、体の横に垂らした手の扱いを結構注視してしまうのですが、ぎこちなさがなくてずっと見ていたくなる。舞台上でオフの部分がない俳優さんが好き。
コンフェッションのアドリブでマシューマークの名前を呼び間違えてしまったときも(ややこしいよね)役からはみださず、ルークとして処理して流れに戻したのにおっ、と思った。頭の回転が速い!
ダンスのとき、体を大きく見せる動きが巧みで、だからこそアイビリ前のアブちゃんの語りのときの背中が際立って小さく見える。心底悔いている気持ちが伝わってきて、ルークちゃん泣かないで! 悪いのはルークちゃんじゃなくてストレスだから! 大丈夫だから! ってかばいだてしたくなる。

横顔、特にあごから耳にかけてのラインが美しい。限りなく直線に近いフリーハンドという感じで、神様が彼を作るとき注力した部分に違いありません。松浦フアンも似た輪郭なので、正面顔を見るとそれほど似てるなと思わないのに、横向いて並んだときだけ兄弟を見ているような気持ちになる。


松浦フアン
サービス精神旺盛で、音にハマったキレキレのダンスが気持ちよかった!
彼が「純潔無垢、道徳的でっしゃろ?」って小首を傾げたら全力でうんうんうんと頷きたくなるような、スキル:チャームのフアンちゃん。役柄として好きに決まってるのに、顔もスタイリングもいいってどうしてくれるんだ!! キーッ!! って発狂しながら見てました。twitterたくさん更新してくださってありがとうございました。

twitterやなんかで知った情報だけの印象論ですが、身ひとつ、技術ひとつで食べていく! という独立心、度胸が役柄と重なる部分があり、とても生っぽい、あと何度も言ってるんですがめちゃくちゃ色っぽいフアンちゃんだったなと思います。ティファナの修道院では尼僧にちやほやかわいがられて、アメリカに出てくるときもちゃっかり女性ドライバーの車ばっかりに乗せてもらってそうな……。
若手チームは毎回違ったキャストが集まって(続投ありましたけども!)、違うカラーのチームができあがることも魅力のひとつなんだろうと思うのですが、願わくば更にバージョンアップしたフアンちゃんを再度拝見したいと思わせられる、役の器に魂の形がフィットした好演でした。


法月マーク
すらっとしていて表情が大きいから最後列で見ても気持ちが伝わってくる、稀有な華がある方だなあといつも思います。オペラいらず。
他の舞台でも何度か拝見する機会があり、ハイトーンパートを担当されていることも多いのですが、それはもう喉に負担がかかるよねえ……。千楽はきれいに伸びる高音が聞けて嬉しかった。ディーヴァかな?(妄言)
見た中だと、2/11のEpiphanyがすごく好きだった。プレビューから3日間は内にこもっていくようなふうに見えて、そのアプローチもよかったんですけど、会場のひとりひとりに語りかけるようなEpiphanyもやっぱりいいなあ!
推してる人がうらやましくなるくらい熱の入ったセリフ~歌でした。最後のこぶしを突き上げるところの迷いないくしゃっとした笑顔が素敵だった。

「いれてちょおだあ~い」が日ごとにねっとりしていくのが楽しかったです。La Vida間奏の猫ポーズ、日替わりじゃない! 自信を持って我々へお届けされている! と思ってやたらウケてしまう。
千楽挨拶で、「絶対5人で戻ってきます」「僕もこの5人で戻ってきたいです!」ってみんな強い言い方してた最後に「私も~」ってゆるめの締めだったのが絶妙でした。アフタートークの進行の弛みのなさは彼の手腕に他ならない。


大山マシュー
100回ぐらい言うんですけど、私はマシューがフアンちゃんを抱き寄せながら言う「大丈夫」が大好き。マシューというキャラクターをぎゅう~~~っと詰めた魅力おとどけパックのようなセリフ。
私が見たマシューは東山マシューと大山マシューだけなんですが、サムアバひとつとっても違うところがいろいろあるふたりのマシューをベン図で表現したら、私の中ではあの部分できれいに重なります。
新生REDで大山マシューに心臓撃ち抜かれたセリフが、Goldでも変わらないアプローチで発されたこと、よくよく感謝し続けていきたい……2014クリスマス合同公演以降、新宿faceの亡霊だった私は無事に浄化されました。ありがとうございます。

セリフがないときでもダンスでも、しぐさや体で感情を能弁に伝えてくるような俳優さん。よい意味で、自分と役を切り離した部分、全体から一歩引いた視線を持って舞台へ臨んでいる人だなと思います。
ルーク的な役が多いと座談会でも書いてありましたが(確かに)、今回みたいに調整役のようなキャラクターでももっと見てみたい!
もし3度目の続投があるなら、役としても公演を率いる座長としても一段と重みの増すポジションになると思います。それを乗り越えた上で作られた新しいマシューを、また新宿faceのステージで見ることができたら本当に幸せです。
 
---
 

アルターガールズの皆さま、カンパニーの皆さま、ひとまずお疲れさまでした。
未見の方、今週土曜の大阪公演・月末の合同公演はまだチケット買えちゃいますよ! 行こうよ教会。

eplus.jp

ALTAR BOYZ 2017 Team Gold観劇メモ/全体編(2/3~2/5)

「結び合え、アルターボーイたち。バンド・トゥギャザー」
「ひとつの星は、星たちが連なる星座ほどには明るくなれぬが故。ひとつの声は、声たちの生み出す美しきハーモニーにはなれぬが故」

 

観た人向け、ネタバレ万歳浄化しきれなかった魂の観劇メモ全体編(2/3〜2/5)です

  

続きを読む

ALTAR BOYZ 2017 Team Gold観劇メモ/キャスト編(2/3~2/5)

 観た人向け、ネタバレ万歳浄化しきれなかった魂の観劇メモキャスト編(2/3〜2/5)です

 

続きを読む

はじめての人のためのアルターボーイズ、または新宿faceで行われている魂の救済について

キリスト教の布教のために結成されたボーイバンド、アルターボーイズが、魂の浄化のために世界各地を回ってコンサートを行っているという筋書きのショウ。メンバーはリーダーのマシュー、フェミニンなマーク、不良っぽいルーク、ヒスパニックのフアンとユダヤ人のアブラハムの5人。

 

www.altarboyz.jp

 

もとはNY・オフブロードウェイでスタートしたミュージカルで、各国で翻訳されて公演されています。日本では2009年に初演、以来メンバーチェンジやW・トリプルチームでの公演を繰り返してこの度再再再再演が開幕しました。

ごりごりのヒップホップに甘いバラードにゴスペル、子ども向け番組の挿入歌のようなかわいい曲や、ラテンなダンスナンバーなどが舞台上の生バンドで演奏されるという贅沢仕様。
ヴォーカルも聞かせるソロがあるかと思えば、5人の声が融けるハーモニーあり、ラップありと盛りだくさん。
ハードな舞台なので日程後半になってくると演技部分ではみなさん声が枯れてきていて、それでも歌パートではすばらしいハモりを聞かせてくれます。
ブレイクダンスや(今回のTeam Goldでは結構なお手前のヘッドスピンが披露されます)、バレエっぽい所作の振り、チャーミングなひつじのパペットを使ったものなどダンスの種類もいろいろ。
もともとのステージは簡単な振り付けはあるもののここまでダンサブルではなく、全カウントにばしばし動きが入っている日本版がイレギュラーとのこと。
ターンした瞬間スプリンクラーのように汗が飛び散るほどの熱量で踊るボーイズを、私たちも自分の手を叩き、足を踏み鳴らし、声をあげて応援することができます。思えば応援上演っぽい。
そう思えば演技シーンでは皆さんのお人柄が透けるような仲のいいコミュニケーションを見せてくれて、目がどれだけあっても足りない!
ボーイズもお客さんも全力で駆け抜ける2時間です。

今回の編成は、前回公演の若手チーム(新生Red)から2名を残し、3名の顔ぶれが一新されたTeam Goldと、ほぼオリジナルキャストで初演から続けられているTeam Legacyの2チームです。
若手チームは今まさに自分たちの形をつくっているという感じでした。お客さんとボーイズが対面でかけあいをするのが持ち味のお芝居だから、どれだけ稽古をしっかりやってきていても、本番の舞台に立ってから積みあげをスタートしないといけない部分があるのかなと思います。
ベテランチームはより自由。それは長年の経験に裏打ちされたものが大きいと思います。前回は客席降りあり、オリジナルコーレスあり、アドリブも多くてまさにやりたい放題って感じだった。
今回が初めてのALTAR BOYZですという方であれば、Goldのほうがとっつきやすいと思います。

会場で当日券が出ている日もあるようです。あと立ち見だったらイープラでまだ出てる。新宿faceの座席は座面のかったいパイプ椅子なので、立って見るほうが楽かもしれない。
大箱での合同公演も予定されているものの、一度は新宿faceでの公演を体験するのを心からおすすめします。
ライブハウスなので舞台との距離が近く、熱気が直に伝わってきて、メドレーでスタンディングする頃には見る側ももう汗だく。ベテランのアルターガールズも多いので、クラップやコールの一体感に初見だとタイミングを計りかねるところもあるかと思うのですが、キャストさんが煽ってくれる部分だけでも参加してみると楽しいのではないでしょうか。

惜しむらくは映像化もフル音源化(2012年バージョンがシングルカットされています)もないところ。
ブロードウェイの権利問題は非常に厳しいとのことなので、そのへんが関係しているのだと思いますが、こうして言葉を尽くすほかにおすすめの手立てがないのがとても残念です。パンフレットとかブロマイドのビジュアルとステージのビジュアルも違うしね~髪形から衣装から全然違うのですよ!
なので難しいとは思いますが、CD化を決断できていないソニーミュージックの皆さんに拍手でもってプッシュをさせていただきたい!
発売の余地があるのならば、関係者の方には重ね重ねお願いしたいところです。せめて日本語版台本が手元にほしい……

---

ALTAR BOYZを初めて見たのは、残業規制はあるので土日のどっちかは休んでて、遅くても終電には乗ってたし、だからこれで辛いと思う自分は甘えてるんだと思っていた現場にいた2014年冬でした。このあと肉体的にも精神的にも更に過酷な現場に投入されていくんですけど。リーダーがペンで塗ったようなどす黒いクマを作っていたのでなおさら……
舞台好きなお友達が、本当にすごい、終わったあとめちゃくちゃ元気が出てコートも着ずに駅まで歩いたって言ってて、私もなにかアッパーになるものが欲しかったので(そのときは本気で迷走していて、毎日なにかしら買ったものが家に届いていた。ウィッグとかオリーブ油とか)休日出勤の帰りに当日券を買って、立ち見で入りました。
本当にすごかった。同じくらいの歳の人たちが衣装の色が変わるほど汗で全身濡らしながら踊って歌って、ストーリーでもパフォーマンスでもチームがひとつになるところを見せてくれる。
いろいろな立場思想があるけど、核になるものがひとつあればわかり合えるという話運びが、本当に救いのように思えて、楽しいのにむちゃくちゃ泣けて、終わった瞬間コンビニに走ってお金を下ろして入れるだけのチケットを買いました。次見られる日が楽しみで歌舞伎町を小走りに帰った。上演中何度も口にされる「大丈夫」のフレーズにどれだけ勇気とエネルギーをもらったか。
今なんだか辛い、苦しい思いをしている人に、ぜひ見てほしいなあと思います。

1701台湾(1/9 台北)

帰国日。短いな~


大安駅近くのNihao Cafe Hotelに朝ごはんを食べに行く。
台湾朝食セット、芋とかしいたけのおかゆと焼き魚メインで300元。
台湾は本当にトマトが甘い! 前にホステルでわけてもらったときも、甘くておいしくてひとりで1ボウル食べてしまったくらいです。
今回は暴食を控えたのですが、やっぱりやや胃は疲れているので、おかゆが染みた。
ダムサンにわけてもらったホットケーキもヨーグルトがきいてておいしかった。

f:id:sueshee:20170225140212j:plain

[雰囲気もかわいい]

 

富錦街へ移動。小上海でラスト小籠包。隣にあったテイクアウトのお茶屋さんが潰れていた。
ここの小籠包もあっさり系です。なすの小菜が本当に好きで、今回はひとり1皿にして思う存分食べた。
出たら風がにわかに強くなって、半そでだったダムサンが寒がる。そらそうよ。
近くにあった服屋でストールを買っていた。
30分くらい歩いて、雑貨屋をひやかしつつ琅茶へ。
飲ませてもらったお茶、お花の香りがしてすっきりしていておいしかった!
唯でさえ茶葉地獄なので購入はがまんした。限定? 新作? のピンク色の茶筒もかわいかった。

 

ここで私は先行して帰国。
空港バスが死ぬほど混んでて、何か食べてから飛行機に乗りたかったけどカツカツになってしまったし、ターミナル1のフードはぱっとしない気がする……
小上海でちまきとか買っておけばよかったです。
帰りの飛行機は指定しなかったのに非常口前に当たってラッキー。
足を伸ばしてのびのび帰れたので、次の日も元気に仕事にいけました。
読んでいただいてありがとうございました。